葉酸サプリメントの必要性

妊活中の女性におすすめしたいのが、葉酸サプリメントです。
これは厚生省からも推奨されているビタミンの一種です。ビタミンB群に属し、別名「ビタミンM」とも呼ばれています。
緑黄色野菜に多く含まれていますが、食品からの吸収率がサプリよりもはるかに低いため、補うためにサプリメントの利用を呼びかけられています。
成人女性にも必要な栄養素ですが、とくに妊娠を希望している女性、妊娠中には大量に必要になります。

 

具体的にどのような効能があるかと言うと、先天性異常のリスク軽減に役立つとされています。
無脳症など神経管閉鎖障害の発症リスクを低減し、なおかつ母体の栄養補給としても役立ちます。
貧血予防にも効果的で、とくに妊娠中の貧血は赤ちゃんに影響を与えてしまうので貧血予防としても活用したいサプリメントです。

 

妊娠前から補給しておいた方が効果を発揮するため、妊活中から飲み始めた方が良いと言われています。
最近では母子手帳にも葉酸の必要性について記載されていますが、母子手帳を貰う前から準備しておくのが理想的です。
とくに現代では昔と違って食生活が変わり、野菜不足・葉酸不足の人が多いと言われています。
ある統計によっても、国が推奨している野菜摂取量を満たしている割合は低いとされています。

 

妊娠を希望している場合は1日400μgを目安に摂取することが望ましいとされています。
サプリメントの多くが400μg配合されていますが、1日数回に分けて摂取した方が効率よく葉酸を補えるので1粒にギュッと栄養が詰まっているものより数粒に分けられているものをおすすめします。
ただし、利用するサプリの用法用量を必ず守って活用してください。
そしてサプリだけに頼らず、できるだけ野菜などを食べるようにして食品からも栄養を補給するようにしましょう。

 

また、葉酸は喫煙やアルコールによって破壊されてしまうので、タバコやお酒は控えてください。(妊活中において嗜好品を嗜んでいる人は少ないと思いますが)