不妊治療の種類 その他の方法

不妊治療において治療法は実に様々です。
前回、タイミング法や人工受精というポピュラーな方法を紹介しましたが、その他に『体外受精』という方法も有名です。

 

・体外受精とは
体外受精では運動力のある良質な精子を厳選し受精させます。
顕微授精という方法は、精子の働きが弱い場合に用いられ、1つの卵子に対して1つの精子を入れて受精をはかります。
受精卵の成長が順調に進んだ場合に子宮内に戻します。体外受精は妊娠確率がぐんと高くなりますが、こちらの方法も100%上手くいくとは限りません。
子宮内で着床しない場合もありえます。

 

この他に、受精卵卵管内移植法やパーコール法といった治療法があります。
これらの方法は滅多に用いられませんが、医師の判断次第となります。

 

いずれにしても治療法は症状や状態、医師の判断のもとで行われます。
ですから、まずは検査を受けることが大切です。そして適切な治療法を相談し、メリットやデメリットを確認して治療に進んでください。
不妊治療においては保険適応外であるため経済的負担も大きいですし、肉体的に負担も抱える治療です。
パートナーとの話し合いはもちろん、医師ともカウンセリングを行って慎重に事を進めてください。

 

現在、妊活中で不妊症であるかが分からない場合もまずは検査を受けましょう。
妊娠しやすい体であるか、現時点での状態を調べることも重要なのです。