口内トラブルと妊娠の関係

口内トラブルは体の健康状態に影響すると言われるほど、とても重要な部分です。実は口内の病気も妊娠と関係しています。
妊娠というより、赤ちゃんができた場合の胎児の健康に関わります。

 

突然ですが、1日に歯磨きは何度施していますか?
一般に1日2回という方が多いかもしれません。最近は携帯歯ブラシで昼間も歯磨きをする方が増えているようですが。

 

歯磨きをしない場合に起こる病気としては、虫歯以外に歯周病があります。
歯周病がもっとも、妊娠と関係しています。
実は歯周病の罹患率は高く、おおよそ国民の8割が歯周病と言われています。

 

歯と歯茎の間から侵入した細菌によって歯茎が炎症している状態で、この病気は歯を支えている重要な骨を溶かすという恐ろしい病気です。
そして歯が抜けやすくなります。
歯がなくなるおおよその原因はこの歯周病とされています。

 

ここからが問題です。
妊娠中に歯周病に罹っていると、早産や低体重児のリスクが高くなります。
しかも厄介なことに歯周病の完治はほとんど不可能に等しく、進行を食い止める治療しかできません。しかし、進行を食い止めることは胎児へのリスクを軽減することに役立つはずです。

 

とくに定期的に歯科検診を受けていない場合や歯磨きの回数が少ない女性に多いとされているので、妊活しているなら歯医者にも通院し調べるようにしてください。

 

また、あらかじめ予防することも大切です。
歯磨きの回数は1日3回以上するようにしましょう。加えて、デンタルフロスなどを使用し、口内と歯の健康を守るようにしてください。
セルフケアだけでなく、定期的に歯医者でケアしてもらうのも一つの予防策です。