妊娠の確率と卵子の数

妊娠のために欠かせないものの一つ。
それは、卵子。

 

意外と知られていませんが卵子の数は女性一人一人決まっています。
個人差はあるものの平均的にはおおよそ200万個ほどあると言われています。
これほど卵子があるなら、妊娠の確率は高いのでは!?
そう思われるかもしれませんが、卵子というのは生まれてから徐々に減っていきます。

 

生理が始まるまでにおおよそ180万個ほど消失し、思春期から妊娠適齢期にかけて起こっているのは20万個ほどとなります。

 

しかも、月経のたびに約1,000個ほどの卵子が無くなります。
昨今は晩婚化が進み30代後半で妊娠を希望する女性の数は多いです。が、現実的に卵子の数は37歳くらいで25,000個ほどとなります。
そしてさらに卵子は減っていき、平均的に50歳前後で閉経を迎えます。

 

ここまで表した数字はあくまで目安です。
具体的な数は人それぞれ違います。的確に調べたい場合は、専門の検査を受けましょう。
『卵巣年齢検査(AMH検査)』という婦人科で行われている検査法により調べることができます。
血液検査によって抗ミュラー管ホルモン、通称AMHという女性ホルモンの状態を調べます。
結果の数値と平均値を照合し、卵巣年齢および残りの卵子数を確認することができます。

 

この検査により、妊娠の確率や妊娠しにくくなる時期をチェックすることができるため、妊活にとても役立ちます。
とくに経血の量が減った場合や月経期間が短くなっている時は卵子の減少が進んでいる可能性がありますので、一度検査を受けることをおすすめします。
反対に経血が多い場合、月経期間が長い場合については子宮関連の疾患の症状でもあるため、病気の疑いも視野にいれるべきです。

 

検査については年1の定期検診をおすすめします。
生活習慣によっても減少するものなので、定期的に調べておきましょう。
本格的に妊活を始めるなら、受けて損のない検査です。